コースNo. 0569

  • NEW
  • YUI PRIMA
ツアー企画者:戸田 佳太プランナー

精選の名作を愉しむ「ルーブル美術館展 愛を描く」

ルーヴル美術館の膨大なコレクションから精選された70点余りの作品が集結する「ルーヴル美術館展 愛を描く」がこの度、京都で開催されます。ルーヴルが世界に誇る珠玉の愛の名画をお楽しみください。ご昼食は風情あふれる街並みを望む高台寺のレストランひらまつにてフランス料理で特別なひとときを。

日帰り
京都
料金
45,000円
出発日出発決定:出発決定
9月14日(木) 出発決定9月20日(水) 出発決定9月21日(木) 出発決定

おすすめポイント

  • フランソワ・プージェ<アモルの標的>1758年

    人間の根源的な感情である「愛」は、古代以来、西洋美術の根幹をなすテーマの一つであったといえます。ギリシア・ローマ神話を題材とする神話画、現実の人間の日常生活を描く風俗画には、特別な誰かに恋焦がれる神々・人々の情熱や欲望、官能的な悦び、あるいは苦悩や悲しみが、様々なかたちで描かれています。一 方、宗教画においては、神が人間に注ぐ無償の愛、そして人間が神に寄せる愛が、聖家族、キリストの磔刑、聖人の殉教といった主題を介して、信者たちに示されています。
    本展では、西洋社会における様々な愛の概念が絵画芸術にどのように描出されてきたのか、ルーヴル美術館の膨大なコレクションから精選された73点の絵画を通して浮き彫りにします。16世紀から19世紀半ばまで、西洋各国の主要画家の名画によって愛の表現の諸相をひもとく、かつてない趣向の展覧会です。ぜひご期待ください。

  • レストラン ひらまつ(イメージ)

    ここでお楽しみいただくのは、フランス料理の伝統的な技で、食材の力を引き出す正統なるフランス料理。
    まるで、情熱を秘めた芸術家が心を込めて描いた一枚の絵画のように、美しいお料理が特別な時間を奏でます。
    食材が持つみずみずしい生命力、おいしさを最大限に引き出すシェフの技…。レストランひらまつだからこそ味わえるフランス料理の真髄をお楽しみください。

旅行行程

日帰り
各地出発 → レストランひらまつ(フレンチ) → 京都市京セラ美術館(「ルーヴル美術館展 愛を描く」鑑賞) → 各地帰着

出発日・乗車ルート

  • 9月14日(木)
三宮(8:00発/19:10着) → 西宮北口(8:40発/18:30着) → 新大阪(9:30発/17:40着)
  • 9月20日(水)
明石(8:30発/18:40着) → 三宮(9:20発/17:50着)
  • 9月21日(木)
姫路(8:20発/18:50着) → 福崎(9:00発/18:10着)
  • 帰着時間は予定時間であり、途中の交通状況により前後する場合がございます。予めご了承ください。
受付終了しました