コースNo. 0454

  • NEW
  • YUI PRIMA
ツアー企画者:髙田 宣太朗プランナー

滋味あふれる軍鶏と自家製旬菜「野むら山荘」でいただく秋の国産松茸 山里料理

国産の極上松茸と絶品軍鶏鍋の饗宴
昔ながらののどかな田畑の原風景が広がる京都大原。
昭和62年に約10年の歳月を費やして野むら山荘は完成しました。
今回、国産極上松茸をたっぷり使った土瓶蒸しや軍鶏鍋、香り豊かな秋の新そばなど真結ツアーだけの特別メニューをご用意いたしました。
比叡山麓の借景を取り込んだ紅葉色づく美しい庭園と国産松茸の贅沢な味と香りを存分にお楽しみください。

日帰り
京都
料金
68,000円
出発日出発決定:出発決定
10月24日(月) 出発決定10月29日(土) 出発決定11月1日(火) 出発決定11月12日(土) 出発決定11月14日(月) 出発決定11月21日(月) 出発決定11月26日(土) 出発決定11月27日(日) 出発決定

おすすめポイント

  • 野むら山荘 庭園

     野むら山荘は現主人の父である中島久男の建築と、大原の造園業中辻末蔵のもと、昭和62年(1987年)に約10年の歳月を費やし完成しました。当山荘の広間は、江戸時代から続いた京都の呉服商「大黒屋」の十代目当主・杉浦三郎兵衛が修学院村に築いた雲泉荘に現存したものを譲り受け、大原に移築したものです。
     庭園は自然地形を巧みに利用し、比叡山麓の借景を取り込み四季折々には樹々の彩が皆様をお迎えします。

  • 名物 軍鶏鍋小鍋

    料理店の礎を築いた現主人中島一彰に加え、2021年より名店「草喰なかひがし」でキャリアを積んだ中島颯太が加入。摘み草料理はもとより、大原の瑞々しい野菜や琵琶湖の鰻や鮎、琵琶鱒、野山の恵みであるジビエ・猪や鹿、月の輪熊、鯖街道にちなんで小浜の鯖なども巧みに使い、定番の軍鶏鍋や十割の手打ち蕎麦など春夏秋冬旬味旬菜を追い求め、食のおもてなしを心がけています。

  • 国産松茸(イメージ)

    秋の味覚代表として知られる、松茸。今回真結のツアーでは「国産松茸」をふんだんに使用したアレンジ料理でお楽しみいただけます。
    松茸の味と香りをお楽しみください。

  • 野むら山荘広間

     修学院の間(前述の呉服商が修学院離宮近くに築いた雲泉荘に建てた広間を移築したもの)は書院造の三十畳の間。格天井には屋久杉(現在では伐採禁止)が使われ、ガラスは手吹円筒法と呼ばれる不規則な歪みが特徴の大正ガラスが現存し、当時の趣をそのままに日本建築の粋を感じていただけます。

旅行行程

1日目
各地出発 → 野むら山荘(国産松茸を使用した山里料理)→ 京栗菓子 若菜屋(栗を使った京和菓子のお店)→ 各地帰着 

出発日・乗車ルート

  • 10月24日(月)
  • 11月26日(土)
龍野(7:50発/18:50着)→ 姫路(8:40発/18:00着)→ 福崎(9:20発/17:20着)
  • 10月29日(土)
  • 11月21日(月)
明石(8:10発/18:30着)→ 三宮(9:00発/17:40着)→ 新大阪(10:00発/16:40着)
  • 11月1日(火)
三宮(9:00発/17:40着)→ 西宮北口(9:50発/16:50着)
  • 11月12日(土)
  • 11月14日(月)
  • 11月27日(日)
姫路(8:40発/18:00着)→ 三木(9:30発/17:10着)
  • 帰着時間は予定時間であり、途中の交通状況により前後する場合がございます。予めご了承ください。