コースNo. 0435

  • NEW
  • 人気
  • YUI PRIMA
ツアー企画者:熊谷 和樹

ひとあしさきに恵みを先取り篠山 新たな美食旅

日本人の生活にかかせないお茶の産地がここ丹波篠山の味間奥(あじまおく)地域にございます。

1200年の歴史を持ち、平安時代には朝廷に献上もされた丹波茶を栽培、製造のほか、煎茶道「隈野聚鳳流」の2家元としても活躍される「本家熊野園」にて茶畑のご見学から煎茶道に関するお話などをお伺いします。新たな丹波篠山の新名物である「デカンショ豆」の栽培農家によるファームツアーもお楽しみください。

お食事会場の「山里料理 まえ川」は築150年の町屋を改装し、2020年6月にオープンをしました。篠山出身の店主、前川友章氏は、修行先の京料理を取り入れつつ、店に炭焼き場やジビエ解体のスペースを設けるなど、篠山の地の物を使った野趣あふれる「篠山料理」を追求します。
仕込みから盛り付けに至るまでこだわった旬の「篠山料理」をお召し上がりください。

日帰り
兵庫(篠山)
料金
43,000円
出発日出発決定:出発決定
6月28日(火) 出発決定7月5日(火)7月10日(日)7月26日(火)7月30日(土)

おすすめポイント

  • 約1200年の歴史をもつ「丹波茶」

    815年(弘仁6年)に嵯峨天皇が丹波・近江・播磨に茶を植えさせたことが始まりで、丹波篠山ではその始まりである味間奥(あじまおく)地域にて今もなお栽培されています。

    日本で最も古い茶産地の一つともされる他、日本で最も気温の低い栽培地域でもありながら、江戸時代には、大阪(上方)で流通するお茶の半分が丹波茶と言われるほど、篠山藩の収入の多くを占めていました。

    現在でも兵庫県のお茶の生産量の70%はこの味間奥地域で栽培されています。

  • 本家 熊野園

    平安期に栽培された茶は飲用ではなく、神への捧げものとして使用されたと伝えられており、煎茶道の流派でもある「隈野聚鳳流(くまのじゅほうりゅう)」もこの儀礼の茶から発展を致しました。

    その隈野聚鳳流の4代目家元でもあり、茶葉の栽培や加工も行う「本家 熊野園」にて、美しい緑に染まった茶畑や加工の様子、煎茶道の体験などをお楽しみいただきます。

  • 里山料理 まえ川
    店主 前川友章氏

    「おばあちゃんが子供たちに振る舞う地元食材の料理」に心を動かされ料理人の道へ。
    地元篠山出身の店主が修行の後に、築150年の古民家を改装したイス・テーブルの和モダンな内装が美しい「里山料理 まえ川」です。

    篠山の器や食材にこだわるほか、炭焼きやジビエの解体スペースを仕込み場にもうけるなど、ここでしか食べることのできない、野趣あふれる「篠山料理」を提供する。

  • お料理:前菜(イメージ)

    木をイメージした野趣溢れる器に、盛られたシンプルな見た目のお料理は、お口に入れると繊細で上品な味付けを感じられます。

  • お料理:川魚の炭火焼き(イメージ)

    川魚も地元篠山で採られたもの。
    お店の炭焼き場で作られた炭で香ばしく焼かれます。

  • お料理:稲木干し土鍋ご飯(イメージ)

    現在では見ることも少なくなった「稲木干し」は、稲穂の栄養分をお米に移すという効果もあります。
    手間暇をかけてつくられた稲木干しのお米を、炭火の土鍋でお召し上がりいただけます。
    自家製のお漬物と共に、おこげまで美味しくいただけます。

旅行行程

日帰り
各地出発 → 田淵農園(デカンショ豆のファームツアー) → 山里料理 まえ川(篠山料理) → 本家 熊野園(ご案内付見学・煎茶道体験) → 各地帰着

出発日・乗車ルート

  • 7月5日(火)、7月10日(日)
龍野(8:10発/19:00着) → 姫路(9:00発/18:10着) → 三木(9:50発/17:20着)
  • 6月28日(火)、7月30日(土)
明石(9:00発/18:50着) → 三宮(9:50発/18:00着)
  • 7月26日(火)
新大阪(9:00発/18:30着) → 千里中央(9:30発/18:00着)
  • 帰着時間は予定時間であり、途中の交通状況により前後する場合がございます。予めご了承ください。