コースNo. 0302

  • NEW
  • YUI PRIMA
ツアー企画者:米谷 俊哉

焼き物のまち ツナグ伝統丹波立杭焼 俊彦窯と世界に一つのとんぼ玉つくり

 平安時代より続き、六古窯の中で最も自然釉が美しいといわれる丹波焼。 民藝運動の父・柳宗悦によってその素晴らしさが世に広まりました。そんな焼き物のまち丹波篠山市今田にある俊彦窯を訪ね清水俊彦氏と、その伝統を受け継ぐ剛氏に窯元を案内していただきます。俊彦窯では、糠釉(ぬかゆう)が無農薬で作られており、どんな料理にも合う優しい色合いの器が生み出されています。
 昼食は、五感で感じるフレンチ城下町ホテルNIPPONIAでご用意しております。風土、文化、素材も含め、丹波篠山のすべてを五感で感じて欲しい。そんな思いとともに、スイスのグランメゾンで活躍し、帰国後数々の賞を受賞した石井之悠氏が監修する自然派フレンチ。地元食材を使い、風味を活かした「テロワールエナチュール」フレンチを、上質でシンプルな器とともにご提供いたします。
 昼食後は、篠山の地で世界でも有数のガラス棒を製造する「喜南鈴硝子」を訪問。世界で一つしかないガラス棒と、そこから生まれるとんぼ玉の制作体験をお楽しみください。

日帰り
篠山市
料金
36,000円
出発日
5月10日(月)5月22日(土)5月31日(月)

おすすめポイント

  • 俊彦窯

    優しい色合いが魅力。繋がる伝統を作品で感じていただきます。

  • 昼食(イメージ)

    五感で感じるフレンチをシンプルな器とともに。

  • 城下町ホテルNIPPONIA

    明治前期に建築された元銀行経営者の旧邸宅江戸末期に建てられた長屋などその建物がもつ趣はそのままに、歴史性を尊重してリノベーションし作られました。

  • 喜南鈴硝子(きなりがらす)

    世界でも有数のガラス棒製造する喜南鈴硝子にて自分色のガラス棒制作と、そこからとんぼ玉の制作体験をお楽しみください。

旅行行程

1日目
各地 → 俊彦窯(鎬(しのぎ)と面取りの技法を中心に日々の食卓に合う器を作る窯元を見学)→ 篠山城下町ホテルNIPPONIA(地元食材を使い風味を生かし篠山を五感で感じるフレンチの昼食)→ 喜南鈴硝子(自分だけのガラス棒制作ととんぼ玉作り体験) → 各地
  • 俊彦窯は少し坂道を歩きます。履き慣れた靴でご参加ください。

出発日・乗車ルート

  • 5/10(月)
  • 5/31(月)
三宮(8:40 - 17:00)
  • 5/22(土)
新大阪(8:00 - 17:30)・千里中央(8:30 - 17:00)
  • 帰着時間は予定時間であり、途中の交通状況により前後する場合がございます。予めご了承ください。