コースNo. 0289

  • NEW
  • 人気
  • YUI PRIMA
ツアー企画者:長谷川 弘樹プランナー

おわら風の盆の町 越中八尾“座敷おわら”と八尾の民藝を訪ねる旅

 越中おわら節の哀切感に満ちた旋律に乗って坂の多い道筋で無言の踊り手たちが洗練された踊りを披露する「風の盆」。その起源は江戸時代の元禄期にさかのぼり風鎮祭りとも言われ、毎年9月1日から3日かけて実施されます。昨年はご承知のとおり、新型コロナウイルスの関係であえなく中止を余儀なくされた越中おわら風の盆。20万人以上のお客様が集まる人気ぶりから本年もまだ終息の行方が不安視されるなか、「私たち真結と地域の八尾の方で特別なおわらを愉しんでいただこう」と説くべくに企画させていただきました「座敷おわら」ツアーが実現しました。9月ほどの規模ではありませんが、胡弓の音色、そして地域を愛する八尾の人たちとの交流をしながら「私たちだけの特別なおわら」をぜひご案内させていただきます。

宿泊
富山2泊3日
料金
163,000円〜218,000円
出発日
6月7日(月)6月8日(火)6月9日(水)

おすすめポイント

  • おわら風の盆で使用される胡弓

    哀切感に満ちた旋律にのって奏でられる胡弓の音色。独特の音色はおわら風の盆の象徴と言えます。間近で胡弓の音色を愉しんでいただきます。今回の旅では八尾の方々に全面協力いただき「新時代のおわら」をお客様にご覧いただきます。八尾の任本建築の美を感じていただける料亭後「杉風荘」を富山を代表する空間デザイナーに飾り付けしていただき、室内でゆっくりと座りながら「おわら」の妖艶な踊り。真結の旅でしか味わえない特別時間をお愉しみください。

  • 八尾の町並み

    八尾中心部を走る石畳のまちなみ。江戸時代のまちなみの佇まいを今に残し、勾配のある坂を先まで見通す事ができる大変美しい石畳です。日本の道100選に選ばれている八尾が今回の旅の舞台です。今回の旅では案内人と共に「八尾の民藝」をテーマにゆっくりと散策いただきます。

  • 八尾 桂樹舎・和紙文庫

    伝統工芸「八尾和紙」。「和紙」といえば破れやすいイメージがおありかと思いますが八尾和紙は非常に強度が高く、昔から和紙製品の製作が行われております。名刺入れ、小物入れ、クッションなど、八尾和紙の温かみ溢れる製品をお買い求めいただけます。

  • 八尾 福鶴酒造 外観

    八尾の町並みに溶け込む福鶴酒造は1847年、寛永元年に創業された老舗の酒蔵です。ここでしから手に入らない「ふくく」、ぜひ特別な一献をご賞味ください。

  • 庄川温泉風流味道座敷ゆめつづり
    夕食(イメ-ジ)

    お部屋:バス付和室【ベッド】、露天風呂付和室、露天風呂付和室【ベッド】
    お風呂:大浴場・露天風呂
    お食事:夕食/和会席・食事処
        朝食:和食ビュッフェ又は和定食・食事処

  • ANAクラウンプラザホテル金沢 お部屋(一例)

    お部屋:バス付洋室
    お風呂:大浴場なし
    お食事:夕食/なし
        朝食/和洋ビュッフェ・レストラン

  • 能作の美しい音色を奏でる 風鈴

    能作の錫は日本でも広く愛され、上質なアイテムとして料理を映えさせるだけにとどまらず、調度品としても素晴らしいものが多数。独自の技術が生み出した能作の品々をご覧いただけます。今回の旅では見学とペーパーウェイト作り体験をお愉しみいただきます。

旅行行程

1日目
各地 → 聴琴亭 → 庄川温泉風流味道座敷ゆめつづり(泊)
2日目
庄川温泉 → 瑞泉寺(井波彫刻鑑賞)→ 高岡・能作工場(鋳物や能作の歴史の展示を見学)→ 農家レストラン大門 → 桂樹舎・和紙文庫 → 山元食道の山本氏のご案内で八尾を散策(工芸まこと、福鶴酒造、長江屋豆腐など)→ 山元食道(夕食) … 山元食道・真結限定おわらの披露 → ANAクラウンプラザホテル金沢(泊)
3日目
ホテル → 金沢21世紀美術館 → 加賀・江沼 スタシオン(フレンチ)→ 各地

出発日・乗車ルート

  • 6月 7日 (月)
三宮(7:40発・19:30着)- 西宮北口(8:20発・18:40着)- 千里中央(9:00発・18:00着)
  • 6月 8日 (火)
龍野(6:30発・20:40着)- 姫路(7:20発・19:50着)- 三木(8:10発・19:00着)
  • 6月 9日 (水)
三宮(7:30発・19:30着)- 新大阪(8:30発・18:30着)- 千里中央(9:00発・18:00着)
  • 帰着時間は予定時間であり、途中の交通状況により前後する場合がございます。予めご了承ください。