コースNo. 0283

  • NEW
  • 人気
  • YUI PRIMA
  • 電車
  • 歩く
ツアー企画者:長谷川 弘樹プランナー

【Bコース】九州の名宿めぐり器と美食の宿「唐津 洋々閣」と黒川温泉「黒川荘」往路:新幹線(グリーン車) 復路:ゆいプリマ

~黒川温泉 黒川荘~
 黒川温泉の下手、渓流沿いの長閑な風景の中に建つ「黒川荘」。お宿の自慢は露天風呂。白緑の湯がこんこんと流れる岩風呂からは、天然の巨大なびょうぶ岩がご覧いただけます。その他、家族風呂など、宿の中での湯巡りをお楽しみください。

~洋々閣主人と器職人のこだわり~
 唐津藩の城下町として栄えた地で、明治26年に創業した老舗宿「洋々閣」。玄関をくぐり、打ち水に濡れた敷石に足を踏み入れると現れる、打つ空しい木造建築の館です。館内には生花や唐津焼の作品がいくつも展示され、宿のこだわりを感じさせます。ご夕食は旬のオコゼ料理を、唐津焼の第一人者、中里隆氏の器でお愉しみください。翌日には洋々閣主人のご案内で、中里氏の陶房・隆太窯を見学いたします。

~30軒のお宿と里山の風景を一つに~
 緑豊かな山々に囲まれ、30軒の旅館が集まる黒川温泉郷。湯巡りをすれば、一つ一つの旅館は「離れ部屋」、旅館を繋ぐ小道は「渡り廊下」など、温泉街全体がまるで一つの旅館のように感じられます。旅館の湯はそれぞれ趣向が凝らされ、豊富な湯量、異なった泉質、野趣溢れる露天風呂など、表情はさまざま。夜には温泉街を竹の灯篭が彩り、幻想的な風景が広がります。

宿泊
熊本・佐賀3泊4日
料金
289,000円〜296,000円
出発日
5月27日(木)

おすすめポイント

  • 黒川温泉 黒川荘
    露天風呂

    30軒のお宿が立ち並ぶ黒川温泉。この下手、渓流沿いの長閑な風景の中に建つ「黒川荘」。自慢の露天風呂からは白緑の湯がこんこんと湧き出ております。野趣あふれる岩風呂からは、天然の巨大なびょうぶ岩をご覧いただけます。

  • 黒川温泉 黒川荘
    料理(イメージ)

    季節の香り、旬の味、素材の持ち味を大切にした端正な和会席をお愉しみください。
    お部屋:母屋和室・露天風呂付離れ和室
    お風呂:大浴場・露天風呂・家族風呂
    お食事:夕食/和会席・お食事処
        朝食/和御膳・お食事処

  • 唐津 洋々閣
    旬のオコゼを使用したフルコース会席(イメージ)

    唐津藩の城下町として栄えた地で、明治26年に創業した老舗宿です。旬のオコゼ料理を唐津焼の第一人者である中里隆氏の器でお楽しみください。お宿の主人のこだわりの料理と隆太窯のこだわりの唐津焼が生み出す美食をぜひお愉しみください。

  • 唐津 洋々閣
    美しき日本建築と日本庭園
    (イメージ)

    昔ながらの日本旅館の風情を残す洋々閣。日本文化の美を感じていただける宿で癒しのひと時をお過ごしください。
    お部屋:バス付和室
    お風呂:大浴場
    お食事:夕食/オコゼ三昧和会席
        朝食/和御膳・食事処

  • 洋々閣のご主人にご案内いただく唐津焼の名陶 隆太窯

    唐津焼は江戸時代の茶人から愛され、京都や大阪へ輸出された茶器として知られております。そんな唐津焼の名陶・隆太窯を、洋々閣ご主人のご案内で特別にご見学いただきます。

  • 湯田温泉 松田屋ホテル
    日本庭園

    1675年創業の松田屋ホテルは幕末期に維新の志士たちや、倒幕の立役者たちの会合の場所にも使われました。開湯の由来である白狐伝説残る温泉は坂本龍馬や西郷隆盛らも好んで浸かった名湯です。
    お部屋:新館バス付和室又は和室【ベッド】
    お風呂:大浴場・露天風呂
    お食事:夕食/和会席・お部屋又はダイニング
        朝食/和御膳・お部屋又はダイニング

  • 日本新三景
    耶馬渓

    大分県中津市にある耶馬渓は日本新三景にも選ばれた、大自然が作り出した絶景です。今回は周辺にございます青の洞門を案内人と散策の後に、深耶馬渓へ向かいます。

  • 黒川温泉 湯あかり

    お泊りいただく黒川荘から徒歩約700mで黒川温泉中心街へ。夜には竹細工の湯灯りをご覧いただけます。黒川温泉では16時30分チェックイン、10時チェックアウトの滞在のためゆったりとお過ごしいただけます。

旅行行程

1日目
各地出発 = 博多駅 → 河太郎中州店(元祖イカの活造り) →  旧高取邸 → 洋々閣(宿泊)
2日目
洋々閣 → 隆太窯(洋々閣の当主が案内する唐津焼実演見学) → 豆田 日田まぶし千屋 … 豆田町散策(九州の小京都を案内人と) → 黒川荘(16:30頃宿着)
3日目
黒川温泉 → 深耶馬渓・一目八景展望台 → オーベルジュ楓の木(耶馬渓の食材を使用したフレンチ) → 青の洞門(和尚の慈愛に満ちた手彫りのトンネルを案内人と散策)→ 湯田温泉(宿泊)
4日目
湯田温泉 → レストランきた山(尾道大橋を望みながらいただくフレンチ) → 尾道商店街(自由散策)→ 各地帰着
  • 散策:履き慣れた靴でご参加ください。

出発日・乗車ルート

  • 5月27日(木)
新神戸駅(8:10) → 姫路駅(8:30)
  • 出発地・帰着地が違うコースです。到着時間は姫路(18:30頃)、三宮(20:00頃)のご予定です。
  • 帰着時間は予定時間であり、途中の交通状況により前後する場合がございます。予めご了承ください。